<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 母の(悪)あがき・ねねの(悪)知恵 | main | ねねの野生スイッチ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
LA CENA(1998年 / イタリア、フランス)
監督:エットレ・スコーラ 制作:フランコ・コミッテリ
脚本:エットレ・スコーラ、フリオ・スカルペッリ、シルビア・スコラ
撮影:フランコ・ディ・ジャコモ 音楽:アルマンド・トロヴァヨーリ
出演:ファニー・アルダン、ヴィットリオ・ガスマン、ジャンカルロ・ジャンニーニ、マリー・ジラン 他

(c)MEDUSA FILM


ローマにあるレストラン『アルトゥーロの店』。オーナーアルトゥーロの妻フローラのゆったりした采配の元、さまざまな客がやってくる。ほとんどが予約客だ。馴染み客の老人はそれぞれの客の会話に耳を傾け、観察する。若い女学生した火遊びのつもりが本気にされて困っている教授。けばけばしいが情愛たっぷりの母親と清楚で修道女になることを望む娘。分かれた老齢の父親に恨みをぶつける娘。妊娠を疑って結婚するのは嫌だと話し合うカップル。インスタントカメラで写真ばかり撮っている日本人親子。四股をかけていてちっとも悪びれもせずに組まれもしない美しくチャーミングな女性と男たち。魔術師と名乗る男に人生相談をし、思わぬ能力を発揮する中年の小男。演出家と役者の交渉。料理人の嘆きと新米店員の確執。そしてフローラの姪、シモーナの誕生日パーティーとそれに関わってのシモーナ母娘のすれ違い。それぞれの人間模様や人生を、会話だけで成立させている珍しい作品。場所は店のみで話を展開している。


構成としては結構面白い作品だと思うし、人生や生き方、強い女弱い女、親子など、当たり前に人間が抱える悩みや確執を色とりどりに見せてくれる。

ただ、2点、気に入らない点がある。

1点目は、主軸となるはずのフローラの不倫が、チラリとしか出てきていない。
出しすぎてもいけないし、早い段階で不倫してる事を見せるのはもちろん反対だが、あまりにも少なすぎる。不倫してると分からせた後のフローラの
苦悩が薄い。彼女が恋を断ち切るだけの力を、彼女にもたせてやってからでないと、
何となく止めにした。
年を取ってるからやめにした。
と、とられる危険性があると思う。


もう一点気に入らないのは、日本人の扱い。
子供がゲームに夢中で口を空けて母親が食べさせている。
これは日本人に責任がある。食べる物を楽しんで感謝してしっかり食べないなんて、本当に恥ずかしい。しかし、今国内ではよく見られる光景だ。
しかしそれ以上にいやだったのが、
「日本人=眼鏡をかけて写真を撮る」
という図式がいまだ払拭されていない事。
言っちゃなんだが日本に観光に着てる外国人も
カメラばっかり覗いてるではないか!!! 
こんなの偏見だ! 
以前カナダ人から
「日本人は電車で寝るね。かっこ悪い」
といわれたが、ロンドンの地下鉄では、半分以上の人が寝てたぞ!!! 

そしてもっと許せないのが、その日本人達の言語だ。
なんと、韓国語を話してる。日本人と設定するならもっと日本人を研究して使って欲しい! 

こんな雑な作りをしたものが、1999年モントリオール国際映画祭で「特別グランプリ」を受賞している。許せない気持ちだ。
* 20:47 * comments(2) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 20:47 * - * - *
 コメント
なんか、うちのPCが古いためか、なかなかこのページが表示
されなくて、なんどもブラウザが勝手に終了してしまい
ようやくたどりつけました!
そんなことはさておき、映画も好きなんですね、siriusさん。
うちは主人は見たがるのですが、一緒に見てても私は退屈だと
すぐに途中で寝てしまうので、お前とは一緒に見たくない!と
いつも叱られてます。この映画も、ひどい日本観のようですね。
TAXIの監督の・・誰でしたっけ?!あの方も、日本も中国もいっしょくたに考えているようでしたねぇ。西洋人からすれば
アジアひとくくり、なんでしょうか。
** cherry * 2006/04/27 11:47 PM *
■cherryさんへ
すいません。それたぶん私のブログのせいです。左の柱に、tagfriendsとか占いとか貼り付けてるんで、重いんだと思います。一応、重いのは表に出さないようにしてみました。これでどうでしょう???

映画好きですよ。いつか映画撮りたい〜!と夢見ています。なかなか先は長いですが。日本の映画もだいぶ世界的に認められてきましたが、そういうのって大体が、白人社会からの評価ですよね。アジアも評価の側に回ればいいのに!!!そうすれば、こりゃどう考えてもおかしいよぉってのもいえるのに、と思います。アジア映画、いいですよね。情緒が会って。『青いパパイヤの香り』とか『友達の家はどこ?』とか好きです。韓国の映画はかなり完成度が高いですが、高すぎて、たまにあざとい気もします。でも、かなりいいです。ぜひ見てみてください。眠くなるのは監督のせいです!!!次が気になってわくわくするような映画なら、寝るわけないですもの。ねぇ。
** Sirius * 2006/04/28 12:38 AM *
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://siriuslovely.jugem.jp/trackback/84
 トラックバック