<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ZONE存在しなかった命』―福島の動物たちの映画です | main | はなを見直しました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
祝 お庭オシッコ
8か月齢14キロゆうゆう越えのはなです

もらってきた当初からあった胸の白い毛を、
妹は
十字架や!
ホワイトクロスや!
きっと神様が守ってくれて保健所から出られたんやね〜!
なんて喜んでいましたが、
次第に模様が変化し、
今では矢印のように。
どこかで見た覚えがあります。そう、

宇宙戦艦ヤマトの昔の漫画のコスチューム

さて、お気楽はなちゃんですが、目下の彼女の悩みは
お向かいの家のワンちゃんのことです。
一週間のうち、始めはひとりで一軒家に1泊させられてて
かわいそう!と思っていましたが、
だんだん伸びてきて
今週なんて、先週の金曜日の夜から今週の月曜の夜まで
たった一人きりで閉じ込められています。
ご飯やお水、オシッコうんこはどうなってるのか
我が家の母親も心配しています。
飼い主さんには何度か注意したのですが
聞いてくれません。
先日たまたま外にいた時に飼い主さんが帰ってきて
家のドアを開けられた時、
5メートルは離れていたのに
とてつもない糞尿の匂いがあたりに広がりました

あんな中で一人きりで(小型犬ですが、今たぶん10か月齢くらい。)
いるのかと思うと不憫でなりません。
行政も介入できるかどうか悩んでくれていますが……
とにかく、はなはその子が心配。
だから、その子がこの家に連れてこられた日から
連れ戻された行く日まで、
暇があればこうやって向かいの家を気にしています。


オシッコといえば、
はなは、お外でしたことがありません。
お散歩中やドッグランで
お友達が上手にオシッコうんこをしてるのに、
じい〜っと見てるだけです。
「あの子お利口さんやね、お外でオシッコできてるね」
なんて言ってみますが、
「私はお外でなんかしません」
ってなかんじです。
しかし、大体最終的には焦ってきて、
「はやく! 早く家に帰ろう!」
ともぞもぞし始め、
帰宅後すぐにトイレシートの上に行って ジョー!!
「ふう、やれやれまにあったわ」
なんて感じです。

母は
「いい加減外でしてくれないといつまでもシート代がかかるじゃないの」
といって聞かせていましたが、
つい先日、
お庭で遊んでいると、
今年の1月に亡くなったねねがしていたように、
地面の匂いを嗅ぎ始め、
オシッコする雰囲気を醸し出しました。
「!」
ジョー!
できた! お庭でオシッコできました!
家族じゅうで大声で喜んでほめたおします
(ご近所の笑いを誘っていることでしょう)

あまりにうれしいので、
母がお利口さんやったね、と
はなが一番大好きなおやつをあげました。
すると、その次の日から、

「おかあさん、お庭に出るから開けて」
庭に出るとジョー!
「おかあさん、おうちに入るから開けて!」
家に入ると、おやつ入れの前でお座り。
このパターンが繰り返されるようになりました。

この頃は、おやつ欲しさに庭で頑張ってるような気もしますが……

オシッコでクッキー一枚なら、
うんこちゃんでは何がもらえるんでしょうね……

まあ、少しずつ成長しております。

* 08:23 * comments(0) * - *
スポンサーサイト
* 08:23 * - * - *
 コメント
 コメントする